ホロコースト国際デー2020

INTERNATIONAL DAY

of Commemoration in memory of the Victims of the Holocaust

アウシュヴィッツが投げかける問い

​私たちはどう答えるか

75 years after Auschwitz

 

ホロコースト国際デー in 東京2019

International Holocaust Remembrance Day in Tokyo

1月27日は、国連が定めた「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」です。

これはアウシュヴィッツ強制収容所が解放された日にあたります。第二次世界大戦時にナチ・ドイツおよびその占領下のヨーロッパで起きた虐殺 – ホロコーストのなかで、約600万人のユダヤ人が殺されました。そのうち約150万人は子どもでした。他にも、障害者やロマの人びとも犠牲になりました。

国連は、国や民族、信仰の違いを超えて、この歴史を共に学ぼうと加盟国によびかけています(2005 年国連総会決議)。そして、毎年1月27日には、ニューヨークの国連本部や世界各地で教育事業が行われています。

 

今年は、ユネスコの呼びかけにより、1月27日に世界50ヵ国、300ヶ所の会場で映画「Who Will Write Our History」が同時上映されます。これは、ワルシャワ・ゲットー内の残虐な暴行、略奪、飢えなどの実態を文書で残そうと抵抗したユダヤ人歴史家たちを描いた初めてのドキュメンタリー映画です。下記のとおり、東京でも上映会を開催することとなりました。この機会にあなたも、真実を残そうと闘った人びとの姿を通して何が学べるのか、ご一緒に考えてみませんか?

開催概要

会場

ユダヤコミュニティセンター

​東京都渋谷区広尾3-8-8

​アクセスはこちら

日時

2019年1月27日(日)

開場 18:00

開演 18:30

言語

英語のみ

日本語字幕なし

対象

一般社団法人日本ポーランド青少年協会および

NPO法人ホロコースト教育資料センター会員・招待者ほか先着60名

※お申込みいただきました後で、定員に達した場合のみ、

 ご連絡させていただきます。

 
 

映画について

Who Will Write Our History

1940年11月、ナチが45万人のユダヤ人をワルシャワ・ゲットーに閉じ込めてから数日後、ジャーナリストや学者、地域指導者らの隠れた一団が反撃に出ることを決意した。歴史学者のエマニュエル・リンゲルブルムが率い、“オイネグ・シャベス”なるコード名で知られるこの秘密のグループは、銃や拳によるのではなく、ペンと紙とでナチの嘘やプロパガンダを打ち倒そうと誓ったのだった。彼らはユダヤ人の視点からゲットーの生活を詳細に記録した。日記やエッセイ、笑い話や詩、歌に残すよう人々に依頼し、ナチの悪行の目撃証言を文書にまとめた。そしてポーランドの地下運動を通じてロンドンに大量殺戮を報告した。やがて、トレブリンカのガス室に向けて鉄道輸送が始まり、ゲットーに火が放たれるなかで、どうか戦後まで残ってくれとの願いを込めて6万ページもの文書を地中に埋めたのだった。たとえ自分らが生き延びられずとも…。

 

エマニュエル・リンゲルブルムとオイネグ・シャベス文書の物語が、ここに初めてドキュメンタリー・フィルムのかたちで語られます。ロバータ・グロスマンによる脚本・制作・監督、ナンシー・スピルバーグがチーフ・プロデューサーを務めた“Who Will Write Our History”は、当該文書や新たに撮ったインタビュー、当時の貴重なフィルムや俳優によるドラマを織り交ぜながら、観る者をゲットーの中へ、果敢に抵抗する者たちの生活へと引き込んで行きます。

ナレーションは、アカデミー賞に3度ノミネートされた女優のジョーン・アレンと、『戦場のピアニスト』でアカデミー主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディが担当。フィルムは最も重要な証言文書を戦後に残すべく地中に隠す決意をしたオイネグ・シャベスのメンバーらの功績を顕彰しますが、そこに描かれるのは、彼らが希望を見い出す瞬間だけでなく、望みを失くし絶望に突き当たり、時には彼らを捕えようとするナチに対するのと同じほどの大きな怒りを仲間のユダヤ人にぶつける彼らの姿です。また、彼らが持っていたユーモア、願い事、空腹、そして筆舌に尽しがたい苦境のなかで自らの人間性を保ちつづけようとする決意が描かれます。ナレーションや演技、同時進行で語られる体験談を通し、立ち上がり抵抗する者の側に立って語る本作品は、最後には、“他者”を曲解して人間性を奪おうとする者たちの敗北を描きます。「世界に向かって真実の声を上げる」という、一人のオイネグ・シャベス・メンバーが書き残した言葉そのままに。

監督メッセージ

Director's message

どちらの言い分が正式な話となるのか?誰の語ることを「真実」のレベルへと持ち上げ、誰の語ることを無視あるいは葬り去ってしまうべきなのか?何が本当で何が偽りなのか?2018年、まず始めに問うべき疑問はこれでした。その同じ疑問が、第二次大戦中ワルシャワ・ゲットーに閉じ込められていたレジスタンス勇者たち一同の胸にもありました。ジャーナリスト、学者、歴史家たちから成るこの隠れた一団のことを知るに至ってすぐ、彼らのことを映画にしなくては、と思いました。Who Will Write Our Historyに描かれた彼らの話こそ、ホロコーストのなかでも最も重要な知られざる逸話であると思います。

 

ポーランドの歴史家エマニュエル・リンデルブルムが主導・創設したオイネグ・シャベスは、60人強のメンバーでナチに対する精神的な抵抗運動を繰り広げた組織でした。ナチの憎悪と嘘とプロパガンダに対し、ペンと紙とで立ち向かいました。彼らは日記、エッセー、笑い話、詩、歌などの制作を依頼、自らもペンを執りました。また、写真やドイツ側の告知文、ゲットー内流通品のラベル、正規新聞、地下新聞などなど、後世の歴史家がゲットーで起きていたことをナチの見地からではなくユダヤ人の視点から語るのに役立ちそうなものを様々収拾しました。ワルシャワ・ゲットー蜂起の直前、オイネグ・シャベスのメンバーらは6万ページにのぼる文書を地下に埋めます。「世界に向かって真実の声を上げる」べく、たとい自分たちは生き残れずとも、文書だけは戦火をくぐり抜けてくれとの願いを込めて。

 

この衝撃的な物語は、本作品の制作に実に才能豊かな人々を引き寄せました。その筆頭は歴史学者のサムエル・D・カッソーです。彼の著書『Who Will Write Our History?』は、ワルシャワ・ゲットーにおける秘密裡の文書収集のいきさつについて詳述しています。サムは当初から私に助言と協力をしてくれました。そこに加わったのが、よく仕事で一緒になるナンシー・スピルバーグですが、彼女のDNAのなかには物語作家としての見事な才能が組み込まれています。脚本には、ポーランド、アメリカ、イスラエルの世界的に名の通った学者たちが助言を寄せてくれました。映画に登場する二人の中心人物のナレーションは、アカデミー賞に3度ノミネートされた女優のジョーン・アレンと、アカデミー賞を受賞したエイドリアン・ブロディが担当してくれました。ドキュメンタリーはアメリカを本拠とするカターディン・プロダクションズとポーランドの制作会社マッチ・アンド・スパークの共同制作で、ポーランドでの5週間の撮影にはすばらしい俳優陣と制作スタッフを揃えてくれました。

 

ドラマシーンの撮影に当たっては、歴史的な正確性を期するため、プロダクションデザイナーのチームが撮影に入るまでの6ヶ月間、学者らと協議を重ねています。そのお蔭でペンの一本から靴紐、壁の色に至るまで、当時のままに再現できました。俳優陣が話す言葉は、オイネグ・シャベス文書に残された記述から直に取っており、ナレーション部分に関してはラヘル・アウエルバフ(オイネグ・シャベスの一員だった文筆家、歴史家)の戦後の著作から取られています。当時の民衆を演じるにあたっては、俳優らは映画の中でイーディッシュ語(東欧ユダヤ人が使っていた言葉)とポーランド語を自由に使い分けています。

 

観客を「だます」ような「仕掛け」は何としても避けたかったので、映画ではグリーンバックに投影した昔のフィルムに俳優を合成するといった平明な視覚効果を採用しています。これは、過去を甦らせる一方でドキュメンタリー映画における高度な真実性を維持することを意図してのことです。その実現のため、ドラマ作品の資料から古いフィルムを取ってきて織り込んでいます。これらのテクニックを組み合わせることの複雑さを承知のうえでこうした見せ方を採用したのは、この作品がもはや存在しない場所(ワルシャワ・ゲットー)を舞台としていること、且つ亡くなって久しい人々を描くものであること、そして主として白黒フィルムに残されている時代の物語で、しかもそれらフィルムの大半がナチの宣伝担当者による撮影であるという理由からです。観客には単に映画から学ぶだけでなく、身を入れて観ていただき心に深く感じてもらいたいと思います。

 

1999年、ポーランドから3件の文書類がユネスコの「世界の記憶」に登録されました。ショパンの作品と、コペルニクスの学術文書、それにオイネグ・シャベス文書です。オイネグ・シャベス文書こそ、ホロコーストの時代をくぐり抜けたその時期の記録物としては最も内容豊かな証言記録である点で、歴史家たちの意見は一致しています。その重要性にもかかわらず、文書は学会以外には殆ど知られていません。この作品がその状況を、世界中の何百万もの人々のもとにこの物語を容易に届けることができるという映画にのみ可能な方法によって変えることができれば、と願って止みません。

 

   ロバータ・グロスマン 2018年11月18日

 

International Day

of Commemoration in memory of the Victims of the Holocaust

The UN General Assembly designated January 27th as the International Day of Commemoration in memory of the victims of the Holocaust. Since 2015 Tokyo Holocaust Education Resource Center(Kokoro) have held official remembrance day events every year.

For the 2019 ceremony we are joining a global event led by UNESCO by hosting a screening of the film Who Will Write Our History.  

It tells the story of historian Emanuel Ringelblum and the secret archive he created in the Warsaw Ghetto. 

This global event has 150 simultaneous screenings booked in 30 countries, including UNESCO headquarters in Paris, Auschwitz Birkenau State Museum in Poland, US Holocaust Memorial Museum in the US, and other museums. 

 DATE     January 27, 2019  

 

 TIME    Door opens at 6:00 p.m., Film starts at 6:30 p.m. 

 PLACE   Jewish Community Center of Japan 

HOSTED by  Japan-Poland Youth Association &

 Tokyo Holocaust Education Resource Center (Kokoro) 

About the film

Who Will Write Our History

In November 1940, days after the Nazis sealed 450,000 Jews in the Warsaw Ghetto, a
secret band of journalists, scholars and community leaders decided to fight back.

 

Led by historian Emanuel Ringelblum and known by the code name Oyneg Shabes, this clandestine group vowed to defeat Nazi lies and propaganda not with guns or fists but with pen and paper. Now, for the first time, their story is told as a feature documentary.

 

Written, produced, and directed by Roberta Grossman and executive produced by Nancy Spielberg, Who Will Write Our History mixes the writings of the Oyneg Shabes archive with new interviews, rarely seen footage and stunning dramatizations to transport us inside the Ghetto and the lives of these courageous resistance fighters.

 

They defied their murderous enemy with the ultimate weapon – the truth – and risked everything so that their archive would survive the war, even if they did not.

FRom the Director

Roberta Grossman, November 18, 2018

Which side of the story becomes the official narrative? Whose accounts do we elevate to the
level of “truth,” and whose do we ignore or even bury? What is real, and what is fake? These are
top-of-mind questions in 2018. They also preoccupied a courageous group of resistance fighters
imprisoned in the Warsaw Ghetto in World War II. The moment I found out about this secret
band of journalists, scholars, and historians, I knew I had to make a film about them. Their story,
captured in Who Will Write Our History, is, in my opinion, the most important unknown story of
the Holocaust.


Created and led by Polish historian Emanuel Ringelblum, the Oyneg Shabes was an
organization of 60+ members engaged in spiritual resistance against the Nazis, fighting hatred,
lies and propaganda with pen and paper. They wrote and commissioned diaries, essays, jokes,
poems, and songs. They also collected artifacts such as photographs, German
pronouncements, labels on Ghetto goods, official and underground newspapers, and more --
anything that would help future historians tell the story of the Ghetto from the Jewish point of
view, rather than from the Nazi perspective. On the eve of the Warsaw Ghetto Uprising, Oyneg
Shabes members buried 60,000 pages of documentation in the ground in the hopes that the
archive would survive, even if they did not, to “scream the truth to the world.”


The magnitude of this story drew remarkably talented people to the project. First and foremost
was historian Samuel D. Kassow, whose book Who Will Write Our History? details the creation
of the secret archive of the Warsaw Ghetto. From the beginning, Sam was my advisor and
partner. We were joined by my frequent collaborator Nancy Spielberg, who has masterful
storytelling instincts in her DNA. World-class scholars in Poland, the United States, and Israel
advised on the script. Three-time Academy Award nominated actress Joan Allen and Academy
Award winner Adrien Brody voiced the film’s two main characters. The documentary is a coproduction
between the US-based Katahdin Productions and the Polish company Match&Spark,
which brought in amazing actors, production designers, and crew for five weeks of shooting in
Poland.

 

In order to ground the film’s cinematically dramatized scenes in historical accuracy, the
production design team worked with scholars for six months before we started filming. This
process ensured that every pen, shoelace, and wall color was spot-on for the period. The words
spoken by actors in the film come directly from the writing of the Oyneg Shabes Archive and/or
in the case of the film’s narrator, Rachel Auerbach, from her post-war writing. As with the
historical people they portray, the actors switch freely from speaking Yiddish to Polish in the film.

 

While striving to avoid “tricks” that would “fool” an audience, the film does employ transparent
visual effects such as compositing actors shot against green screen with archival footage. The
goal here is to bring the past to life while balancing against the high standards for veracity in a
documentary. To achieve this goal, we blended archival and dramatic footage, pulling from the
tools of dramatic feature storytelling. While fully aware of the complexity of these techniques, I
reached for these visual tools because Who Will Write Our History tells the story of a place that
no longer exists (the Warsaw Ghetto), about people who are long dead, and about a period of
history captured primarily in black-and-white film and mostly by Nazi propaganda photographers
and cameramen. I want people not simply to learn from the film, but to be engaged and deeply
moved.

 

In 1999, three document collections from Poland were included in UNESCO’s Memory of the
World Register: the masterpieces of Chopin, the scientific works of Copernicus and the Oyneg
Shabes Archive. Historians concur that the Oyneg Shabes Archive is the richest cache of
eyewitness, contemporaneous accounts to survive the Holocaust. Despite its importance, the
archive remains largely unknown outside academic circles. It is my hope that Who Will Write
Our History will change that in the way that only a film can do, by making the story accessible to
millions of people around the world.

 

 
 
 
Kokoroのホームページにもどる
image001.jpg