戦後75年の今年、コロナ禍にあっても国内外で様々な歴史の継承の取り組みが行われました。海を越えて繋がるオンライン会議やSNSを活用した試み、記憶のデジタル化など、新しい挑戦は議論を巻き起こしたものもあり、これから私たちはどのような形で記憶を繋いでいくことができるのか、大きな問いを与えられました。

 

体験者が消えゆくなかで、語り継がれていく歴史とは?​

 

この度、ドイツの歴史教育の現場から中村美耶さんをゲストにお迎えしてご講演いただきます。中村さんは2017年から、ドイツの首都ベルリン郊外にあるザクセンハウゼン強制収容所記念館でガイドを務めています。

​トークの前半は、ガイドの目から見たドイツの歴史教育や歴史の継承の難しさについてお話しいただきます。そして後半では、「継承される歴史」について、強制収容所内の性暴力とその被害者に対する戦後の補償の観点から考えます。

​皆さまの​ご参加を心よりお待ちしています。

NPO法人ホロコースト教育資料センター代表

​石岡史子

2020年10月17日(土) 20:00~22:00

オンラインで開催します

 ゲスト講師 中村 美耶  なかむら みや

1987年京都府生まれ。ドイツ、ベルリン・フンボルト大学歴史学科に在籍。卒業研究のテーマは「ナチ強制収容所において性労働を強いられた女性に対する補償および名誉回復の歴史」。ミッテルバウ=ドーラ強制収容所記念館でインターンシップ(2016)、ベルリン森鷗外記念館の学生アシスタント(2017-2020)。2017年からザクセンハウゼン強制収容所記念館でガイドを務めている。

司会進行 石岡 史子  いしおか ふみこ

NPO法人ホロコースト教育資料センター代表。命や人権を尊ぶ心、他者への寛容な心を育んでほしいと願い、ホロコースト史を教材とした学校訪問授業を行う。毎年大学生のポーランド・ドイツ研修旅行を引率。『ハンナのかばん』(ポプラ社)の登場人物、訳者。『「ホロコーストの記憶」を歩く~過去をみつめ未来へ向かう旅ガイド』(子どもの未来社)共著者。

参加者の皆さんは、Zoomのマイクとカメラをオフにして
ご視聴ください。質問や感想は
画面上(チャット)でぜひご投稿ください。
​\お願い/
ビデオ以外の参加者を非表示]の設定にしてください
​やり方はこちらをご覧ください

80名 (申し込み順)

1,000円

※学生は無料です

事前にZoomのインストール(無料)をお願いします。

すでにお使いの方も最新版にアップデートして

ご参加ください。

※Zoomを初めてお使いの方は、当日開催15分前からログインしていただけますので、動作確認をしてみてください。

参加申込

(Peatixという申込サイトが開きます)
記憶の文化を育む
Fostering Culture of Remembrance
第1回 10月17日(土) 申込受付中
転換期にある記憶の継承~ナチ強制収容所記念館の現場から
第2回 10月28日(水) 申込受付中
学校でデモのやりかた教えちゃう!?~演劇で「市民」を育むドイツの取り組み
第3回 11月1日(日) 近日公開
ナチズム研究第一人者の東京大学教授・石田勇治さん
フリーライター・室田元美さん
第4回 11月 近日公開
メモリーウォーク~フランクフルト編
『忘却に抵抗するドイツ』著者・岡裕人さん
近日公開
第5回 11月 近日公開
近日公開
第6回 12月 近日公開
近日公開

本プロジェクトは、ドイツ連邦共和国外務省およびゲーテ・インスティトゥートの

国際支援基金の助成を受けて実施します

Funded by the International Relief Fund of the German Federal Foreign Office,

the Goethe-Institut, and other partners: www.goethe.de/relieffund

スタディツアーのご案内

新型コロナウィルス感染症の状況をみながら、来年に延期の予定です。ご興味のある方は、下記よりご登録いただけますと実施状況などをご連絡させていただきます。
20201021ドイツツアー.png
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください