10月から開催している「記憶の文化を育む」シリーズ第6弾は、THE LEADS ASIAとの共催です。THE LEADS ASIAは、対話や相互理解を目指してアジアの若者たちが設立したNGOです。

記憶の風化がますます加速化する戦後75年目の今年、コロナ禍で歴史の継承も含めてあらゆることがオンラインに移行しました。歴史の現場に立つという体験ができないなかで、21世紀に受け継いでいく、受け継がれていく記憶とは? 「歴史博物館」をキーワードに、一緒に考えてみませんか。

ゲスト講師には、ミュンヘンのナチ・ドキュメントセンター館長ミリアム・ザドフさんをお迎えします。

同センターは、かつてのナチ党本部跡地に2015年に開設された歴史資料館です。コロナ禍で休館を余儀なくされましたが、現代アートを取り入れながら、21世紀の課題を表現した今年の企画展は新しい試みとして話題をよびました。この度の講演では、同センターの「歴史を継承する場」としての役割について、また21世紀の新しい課題に直面するなかで、どのような展示や企画の工夫をしているかなどについてお話ししていただく予定です。

今回は、日本だけでなく、アジアや世界の若者たちにも参加を呼びかけています。第1部の講演と質疑応答は日本語通訳がつきますが、第2部のディスカッションは英語で行います。途中の退室も、カメラのON・OFFも自由です。

お申込みを心よりお待ちしています。

NPO法人ホロコースト教育資料センター
代表 石岡史子

2020年12月4日(金) 20:00~23:00

オンライン(zoom)

​ゲスト講師

ミリアム・ザドフ Dr. Mirjam Zadoff

ミュンヘン・ナチドキュメントセンター館長

2018年よりミュンヘン・ナチドキュメントセンターの館長を務める。2014年から2019年まで、米国のインディアナ大学ブルーミントン校の歴史学准教授。チューリッヒ工科大学、カリフォルニア大学バークレー校、ベルリン・フンボルト大学、アウグスブルク大学の客員教授。主な著作『Werner Scholem. A German Life 』(2018), 『Next Year in Marienbad. The Lost Worlds of Jewish Spa Culture』(2012)。ミュンヘン・ナチドキュメントセンターの2019年の企画展『Tell me about yesterday tomorrow』(Hirmer pulishers)がまもなく出版される。

 

 

司会進行

神山かおり Kaori Kohyama

THE LEADS ASIA共同設立者として、記事の編集やコンテンツディレクションを担当。2018年度「百賢アジア次世代リーダー育成プログラム」奨学生、早稲田大学政治経済学部(ジャーナリズム専攻)、 北京大学国際関係学院卒業。アメリカ、中国、チェコに留学した経験を持ち、関心領域は異文化コミュニケーション、映像制作、建設的ジャーナリズム、多国間主義教育など多岐にわたる。現在は北京大学大学院にてYenching Scholarとして近現代東アジアにおける女性の社会的役割について比較研究を行う傍ら、ウェブメディア等に寄稿を続けている。

 

佐々木彩乃  Ayano Sasaki

THE LEADS ASIA共同創設者としてオンラインイベントの企画や運営、渉外活動を担当。2018年「百賢アジア次世代リーダー育成プログラム」 奨学生として香港大学社会科学部に1年留学。 日本代表としてワシントンD.C.、ロンドン、マカオなどでのサミットに日本代表として参加、国内ユースの声を世界に届ける。東アジアにおける経済協力体制の実現に関心を持ち、現在は清華大学大学院にてSchwarzman Scholarとして中国を中心に変容する国際情勢の知見を深めると同時に、中国の社会構造や子供の貧困問題を研究している。また日本でも新しいキャリア教育を創るべく教育NPO「MIRACT」を創設。One Young World Japan Ambassadorとしても活動している。九州大学法学部卒業。

 

 

石岡 史子  Fumiko Ishioka

NPO法人ホロコースト教育資料センター代表。命や人権を尊ぶ心、他者への寛容な心を育んでほしいと願い、ホロコースト史を教材とした学校訪問授業を行う。アウシュヴィッツ博物館から借りた犠牲者の旅行かばんをめぐる実話『ハンナのかばん』の登場人物。日本語版を自ら翻訳。世界40ヵ国で出版される。これまでのNPOの活動に対して、カナダのヨーク大学より名誉博士号、米国ワシントン大学より特別功労賞が授与される。2016年に国連でNPO活動について発表する。毎年大学生のポーランド・ドイツ研修旅行を引率。共著『「ホロコーストの記憶」を歩く~過去をみつめ未来へ向かう旅ガイド』(子どもの未来社)。

第1部
(英語。日本語通訳つき)
 
20:00 - 21:30 ゲスト講演
21:30 - 22:00 質疑応答

 
  < 休憩 5分 >
 
第2部
(英語のみ)
 
22:00 - 23:00 ディスカッション
※第1部のみのご参加もできます。
※第2部は英語のみですが、聴くだけの参加もOKです。
※zoomを初めてお使いの方は、基本的な操作をご案内することはできますので、お早めにログインしてみてください。
※配信によって実施しますので、ご利用のwifi環境などによって音声や映像の乱れが生じる場合があります。

無料

THE LEADS ASIA
ゲーテ・インスティトゥート東京

NPO法人ホロコースト教育資料センター

Keyboard and Mouse

参加申込

(グーグルフォームが開きます)
「どの時代も、人々は目で「見て」、手で「触れて」、心で「創造」しながら新たな時代を生きてきました。時にはそれが大切な想いをつなぐ芸術文化として残ったり、新しい時代を生きる建造物として残ったり、はたまた先人に想いを馳せる記念館になったり。受け継がれる”モノ”を通じて学べること、そしてこの「オンライン時代」が後世に残していけるモノとは何なのか。そんな可能性を探ります。THE LEADS ASIA」

 

 

本プロジェクトは、ドイツ連邦共和国外務省

およびゲーテ・インスティトゥートの

国際支援基金の助成を受けて実施します

Funded by the International Relief Fund

of the German Federal Foreign Office,

the Goethe-Institut, and other partners: www.goethe.de/relieffund

スタディツアーのご案内

新型コロナウィルス感染症の状況をみながら、来年に延期の予定です。ご興味のある方は、下記よりご登録いただけますと実施状況などをご連絡させていただきます。
20201021ドイツツアー.png
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください