​テロのトポグラフィー

Topography of Terror / Topographie des Terrors 

1933年から1945年までこの場所は、ナチスのゲシュタポ(秘密警察)、SS(親衛隊)SD(親衛隊保安部)本部、第二次世界大戦中は国家保安部があり、ナチス恐怖政治の中心地でした。空襲で大きな損傷を受けた建物は、1956年に取り壊されたため、この場所の歴史は長く忘れ去られていましたが、1970年代の終わりごろから次第に目を向けられるようになりました。

1987年に、この場所の歴史を伝える最初の展示が行われ、それから20余りが経過した2010年、ナチスによる暴力支配の歴史を伝える情報センター「テロのトポグラフィー」が開館しました。

敷地横には、ベルリンの壁の跡地を見ることもできます。

住所      Niederkirchnerstraße 8, 10963 Berlin, Germany

開館日     毎日    10 a.m. to 8 p.m.
閉館日     12月24日、12月31日-1月1日

入館料     無料

ガイド     毎週日曜に常設展のガイドツアーあり。

        (2:00 p.m.からドイツ語、3:30 p.m.から英語)

        無料。所要時間1時間。開始30分前までに受付で申込。

        オーディオガイドあり(ドイツ語、英語、フランス語ほか)

アクセス    地下鉄U2  Potsdamer Platz下車、徒歩10分

        地下鉄 U6, U1,U3  Kochstraße下車、徒歩5

        電車 S1,S2,S26  Anhalter Bahnhof 下車、徒歩8分

​ホームページ  http://www.topographie.de/

ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください