忘却に抵抗するオーストリア

こんにちは、ベルリン在住のみきです。 いまオーストリアのウィーンに来ています。 今回の目的の一つは、ある特別展示を見にいくこと。それがこちら。 ホロコースト生存者のポートレート展です。その名も、「GEGEN DAS VERGESSEN(忘却に抵抗する)」。 ドイツ系イタリア人の写真家で映画製作者のルイージ・トスカーノ(Luigi Toscano)氏によるもので、氏はこれまで300人以上のホロコースト生存者の姿を写真に収め、そのポートレートをヨーロッパ各地やアメリカで巡回展示してきました。この5月の一ヶ月間は、ウィーンにその展示がやってきていたのです。特にオーストリアにゆかりのある生存者の巨大なポートレート80枚が、王宮や劇場、市庁舎のあるウィーンの中心部を環状に取り囲むリング通り沿いにずらりと並べられています。 しかし、私がこれを見に行こうと思っていた日の前日、こんなニュースが目に飛び込んできました。 ポートレートの顔の部分が何枚も、夜中のうちに何者かによってナイフで切り裂かれていたのです。 犯人は特定されていませんが、おそらく極右の反ユダヤ主義者によるものだということ。 この知らせを聞いたトスカーノ氏は「言葉がない。オーストリア、一体何をしているんだ。」とコメントしました。それもそのはず、これまでウクライナ、ドイツ、アメリカですでに展示が行われてきましたが、こんなことが起きたのはオーストリアだけ、しかもこれが3回目ということらしいのです。最初は展示が始まった5月7日から数日後に展示にナイフで傷付けられた跡が発見され、それから数週間後には、ナチのシンボル鉤十字の落書きがあったと

ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください