学習例

道徳の授業 「助け合い」小学校高学年向け

鹿沼市立北小学校で毎年5年生たちと実践しています。
子どもたちの「気持ち」が揺れ動く授業です。

1時限目 お話「ハンナのかばん」(45分)

NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoroの訪問授業

学年全体で合同の授業です。時間は45分。休憩時間を5分使って質疑応答を入れることもできます。

 

 

 

導入 (2 分)

 

 

スライド上映とお話

(35分)

 

 

 

 

ビデオとお話

(3 分)

 

 

スライド上映とお話

(5 分)

内容

 

 

 

■ お話の時代と舞台の紹介

「ハンナのかばん」 を見せながら。

 

■ 過去をふりかえる

- ハンナの生涯 ハンナの幸せな日々から、ユダヤ人迫害のはじまり、収容所での日々まで を写真で紹介する。一人の少女の 13 年の生涯を通して、ホロコーストの できごとを知る。

 

■ 現在につながる

- 日本にやってきた「ハンナのかばん」 半世紀後、家族でただ一人生きのびた兄ジョージさんと日本の子どもたち の出会いを紹介し、生きのびた命を見つめる。

 

■ 未来を考える

 - 「なぜ起きたのか」

・「人を見かけで判断したり、うわさを信じてしまうことってある?」

・「(当時のドイツの社会背景を考えると) 貧しくて生活に困っていた人たち が不安や不満をだれかにぶつけたかったのかな?」

・「悪いことを人のせいにしてしまうことってある?」

・「自分さえよければいいと思うことある?」

 

■ 勇気ある行い

ホロコーストの中でユダヤ人を助けた人々の行いを紹介する

・ 「自分だったらどんなふうに行動するだろう」

授業のキーワード

 

 

 

・家族

差別や偏見

・ 精一杯生きた兄妹の姿

・ 失われた一つの命

 

・ 未来につながる命

 

 

 

 

・ 人間の心の弱さ

・ 無関心と傍観

・ 自己中心

 

 

 

・ 勇気

・ 人を思いやる心

・ 行動する

2時限目 道徳授業「助け合い」をテーマに(45分)

クラス毎に担任の先生と授業

クラスにもどって、担任の先生と一緒に道徳授業です。話をふりかえりながら、

登場人物の気持ちを考え、自分の心の中にはどんな気持ちが芽生えるか、

言葉に表現して、共有してみます。

ハンナの幸せだったころ

(5分)

 

 

 

 

ナチスの迫害 (5分)

 

 

 

 

 

迫害の理由 (5分)

 

 

 

 

理由もない迫害 (5分)

 

 

 

 

なぜおきたのか? (5分)

 

 

 

 

 

 

抵抗できない人々や

抵抗する人々への共感

(5 分)

 

 

 

価値の葛藤 (10 分)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想 (5 分)

 

ハンナは、ナチスがあらわれる前、どんな生活を送っていましたか?

・家族と幸せな毎日 - 父、母、兄ジョージ

・スケートが大好き

・犬のシルバ

・学校の先生になりたいという夢

・たくさんの友だち

 

ハンナに、どんなできごとが起きましたか?

・規則を作って行動が制限された(スケートができない、映画館に入れない、学校にいけない)

・ 黄色い星印をつけさせられた

・お母さんとお父さんと離れ離れになった

・収容所へ閉じ込めた

・ガス室で殺した

 

ハンナたちは、なぜそんなことをされたのですか?

・「ユダヤ人」だから

・「ユダヤ人」は悪事をたくらんでいたと思われていたから

 

ハンナたちに、いじめられる理由があったのでしょうか?

・ハンナの家族は町の人に親切だった

・友だちもたくさんいて、みんなと仲良しだった

・理由などない

 

理由もないのに、なぜナチスはハンナたちをいじめたのでしょう?

・不安や不満をぶつけた

・自分たちのほうが優れていると思った

・国がうまくいかないことを人のせいにした

・もしかしたら自分もいじめる側にたってしまうかもしれない

 

ユダヤ人たちが道路を磨かされている様子を、だまって見ていた人たちがたくさんいました。どんな気持ちで見ていたのでしょう。

・ざまあみろ

・ちゃんと磨け!

・かわいそう

・命令だから仕方ない。

 

 

ユダヤ人を助けたドイツ人もいました。どんな気持ちで助けたのでしょう。

・差別はまちがっている

・自分がされたら嫌だ

・見てみぬふりはできない

 

「助けたい」という考え方と、「助けてあげられないかもしれない」という考え方の二つがでましたね。皆さんの心には、きっと両方の考え方が思い浮かんだと思いますが、 それぞれの考え方について、自分はどう思うかを書いてみましょう。

 

では、まず、「助けたい」という考えについて、どう思いますか。

・自分もそうできるようになりたい

・自分も困っているときは助けてほしいから、助けるべきだ

・いざとなったら出来ないかも

 

次に「助けてあげられないかもしれない」という考えについて、どう思いますか。

・絶対に自分はそうなりたくない

・自分も、もしかしたらいっしょになっていじめてしまうかもしれない ・助けてあげたら、自分もいじめられるかもしれないからこわい

 

「どうしても分からない」、という意見もでましたね。ほかに方法はないか、考えてみましょう。

・友達に相談してみる

・ナチスはなぜユダヤ人をいじめるのか、理由を考えてみる

・いっしょに助けてあげられるような仲間を増やす努力をしてみる

 

今日の授業で感じたことを書いてください

ハンナのかばんにつめたい私の一言メッセージを書いてください

 

*話をふりかえる

登場人物の写真

禁止事項のリスト

(資料 25 ページ)

 

生活に困っている近所の人に食料や衣類を届けていたハンナ

当時の時代背景

*ハンナの気持ち想像しながら、差別による悲しみや怒りを考える

 

ワークシート①(26 ページ) 「助けるべきだ」と「助けてあげられないかもしれない」を分け、各自の中に価値葛藤を生み出す

協力してユダヤ人を守り、助けた例をふりかえる ワークシート②(26 ページ)

ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください