パネル展示の際のコツと注意点

Kokoroの貸出パネルをご活用いただき有り難うございます。

貸出から返却まで、下記の手順でお願いします。

少人数のスタッフで取り組んでいますので

メールでの申請のみ受け付けさせていただいています。

ご理解いただきますようお願い申し上げます。

お手数

お​かけします

がんばって

​ください!

1.パネルセットが届いたら・・・
 

①番号順にならべる

パネルの裏に番号がついています。
写真パネルと文字パネルとそれぞれ、だいたいパネルを貼る位置に広げて並べてみます。
※寸法が不統一なため、番号順に梱包されていないセットもあります。


②チェックする

チェックリストにて、すべてのパネルに紛失・破損がないことを確認します。
※小さいパネルは数が多いためくれぐれも紛失にご注意ください。

 

③到着時確認書

全て揃っていることを確認していただいたら、オンラインでFAX 到着時確認書に署名し、ホロコースト教育資料センターにFAXします。
足りないものがある場合はただちにお知らせください。

 

④貼り付け 展示カタログのコピー(運送日程と一緒にお手元にお届けした小冊子)を参考にしながら、
写真パネルと文字パネル(キャプションパネル、サブパネル)を番号順に貼り付けていきます。
<用意するもの>・・・●展示ボード パネルを貼り付けるための壁。パネルの枚数に合わせてご用意ください。
貼り付け分量の目安は、カタログの1ページ分が展示ボード1枚分です。

 

●画びょう さびていないもの。透明なものを使うときれいです。
写真パネルと文字パネルの枚×2の数をご用意ください。
または ワイヤーと引っかけフック。

 

2.展示方法:
裏または次のページを見てください↓
大セット (ハンナのかばん、杉原千畝、子どもたちが見たホロコースト)
●写真パネル…写真枠の両肩に三角フックがついています。以下のいずれかの方法で取りつけます。
・ 画びょうで両肩2ヶ所にある三角フックを壁にとめる
・ 引っかけフックのついたワイヤーで、両肩2ヶ所の三角フックをひっかけて上から吊る
・ 三角フックにヒモかピアノ線を通し、ひもの中央を画びょうでとめる(各団体にてヒモを付けた
場合は返却時にはずしてください。透明なピアノ線がついているものはそのままで結構です)
※ アルミ枠は角がとがっているため、怪我に気をつけてください。
※ 発泡スチロールでできた写真パネルが一部があります。貼り付けはキャプションの項を参照。
●文字パネル(説明キャプション、サブパネル)
…パネルには両肩に穴があり、厚みのあるパネルには透明なピアノ線がついています。
以下のいずれかの方法で貼り付けます。
・ 両肩の穴を通してつけてあるピアノ線を上にひっぱり、画びょう一つで壁にとめる。
・ ピアノ線のないものは、パネルの両肩にすでに開いている2ヶ所の穴に画びょうを
さして壁にとめる。(厚みのあるパネルには、足が2㎝以上の画びょうか虫ピンを使ってください)
・ セロテープを丸めて壁につける。
重 要 ※ ガムテープ、両面テープは絶対に使用しないでください。破損の原因となります。
※ パネルにへこみや傷をつけないように画びょうをさしてください。
※ すでにあいている上2角の穴以外は、穴をあけないでください。
※ 発泡スチロールパネルは、落とすと角がつぶれますので、丁寧にお取り扱いください。
3.その他の同封資料の説明 (すべてのセット共通)
・映像DVD(ハンナのかばん大/中/小セット、杉原千畝セットのみ)
会場で上映が可能でしたらお使いください。
・CD-ROM (ハンナのかばん紙芝居セットのみ)
パワーポイントでつくった「ハンナのかばん」紙芝居(スライド上映用、15分)です。
小学生向け。大人数への読み聞かせなどにお使いください。音声ありとなしで選べます。
・参考図書『なぜおきたのか ホロコーストのはなし』
原書はイギリス。日本で初めてのホロコースト歴史絵本です。写真をたくさん使って子どもたちにも
わかりやすく説明しており、杉原千畝、国連の世界人権宣言についても書かれています。用語解説、年
表、参考図書リストつき。黒柳徹子氏推薦。学校の副読本としてもおすすめ。
・「ハンナのかばん」スタディガイド(ハンナのかばん、生きのびた少年ジョージの物語セットのみ)
ハンナのかばんをテーマにした、様々な学習アプローチを紹介。授業づくりにぜひお役立てください。
・Q&Aポケットクイズ(ハンナのかばん大/中/小セット、生きのびた少年ジョージセットのみ)
子どもたちからの代表的な質問をクイズにしてあります。子どもたち自身でカードをめくって答えを
見ることができます。A3パネル2枚ですので、教室などに貼って事後学習などにお使いください。
・参考資料ファイル ファイル内の資料はご自由にお取りください。刷り増しもOKです。
NPO法人ホロコースト教育資料センターのパンフレット、これまでのニュースレター、貸出パネル、 訪問授業・ワークショップの案内、関連新聞記事など。ご参考にお使いください。
4.返却時の手順、注意 (必ずお読みください。すべてのセット共通)
・ チェックリストにて紛失・破損がないか1枚ずつ確認し、返却時確認書をFAXしてください。
・ 次の団体への貸出がありますので、返却日はお守りいただきますようお願いします。
↓パネルの破損につながりますので、以下をかならずお守りください↓
パネルにつけたテープなどは あとが残らないように 必ずきれいにはがしてください。
(汚れの原因となりますので、テープの端 や べたべた が残らないようにとってください)
すべてのパネル(写真/文字/資料パネル)の汚れをからぶきしてください(展示中に意外にほこりがついていますのでお願いします)。※「子どもたち~」セットの茶色枠のパネルはからぶき不要です。
パネルにヒモをつけた場合ははずしてください(透明なピアノ線はそのままでOKです)。
アルミ枠の写真パネルは1枚ずつビニール袋に入れ→ さらに緩衝材できた袋に数枚ずつまとめて入れてから→ ダンボール箱に入れてください。アルミ枠の写真パネルと発泡スチロールパネルは、同じ緩衝材の袋にまとめて入れないでください(傷やへこみがつきます)。
緩衝材の袋はガムテープでとめずにゴムでとめてください。
小・中セット 生きのびた少年ジョージのセットもこちらをご覧ください。
ハンナのかばん紙芝居セットも貼り付けて使う場合はご覧ください
● 写真パネル/文字パネル(説明キャプション)(厚みのないラミネートパネル)
…丸めたセロテープを裏につけて壁にとめるか、
上の両端にすでに開いている穴2ヶ所を画びょうでとめる。
注意 ※ガムテープ、両面テープは絶対に使用しないでください。破損の原因となります。
※ すでにあいている上2角の穴以外は、穴をあけないでください。

「返却時の確認書」をお送りください

    紛失や破損がないことをご確認ください

あともう一息です!

⑨パネルをご返送ください

     ヤマト運輸に集荷依頼のお電話をしていただき、パネルをご返送ください。

アンケートにもご協力ください

     展示会場の写真も数点お送りいただけたら有り難いです

感想もぜひ

​お聞かせ

ください

お疲れ様でした!​

​有り難うございました

 

パネルの空き状況などお気軽にお問い合わせください。

お返事まで1週間ほどかかることがありますが、

少しお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください