隠れ家で日記を書いた少女アンネ・フランク

アンネ・フランクは、ドイツに生まれたユダヤ人の少女。ナチの迫害を逃れて、オランダ、アムステルダムの隠れ家に家族とともに身を潜めました。1944年夏、隠れ家が見つかり、アンネは収容所へ送られます。終戦間近の1945年2月頃、ドイツのベルゲン・ベルゼン収容所で伝染病のチフスで死亡しました。15歳でした。

 

戦後、​家族でただ一人生きのびた父親が娘アンネの日記を出版しました。2009年にユネスコは、『アンネの日記』を世界遺産に登録しました。

1/2
ホロコーストの記憶を歩く
過去を見つめ未来へ向かう旅ガイド
 
著者 石岡 史子、岡 裕人
定価 1,296円(税込) 発行 子どもの未来社

第2章の

「アンネ・フランクの

​  足跡をたどる」をぜひ

読んでみてください