メディア掲載

2019年6月9日 朝日学生新聞

アウシュヴィッツの世界遺産登録から40年目の今年、朝日中高生新聞で特集記事が掲載されました。ナチ・ドイツ研究の第一人者、石田勇治先生と、Kokoro代表・石岡史子、研修旅行でアウシュヴィッツを見学した鎌倉学園の高校生が取材を受けました。

2018年10月3日 毎日新聞

2018年10月4日 中日新聞

20181003毎日新聞_劇団銅鑼WS_古川小学校.jpg
20181004_中日新聞_劇団銅鑼WA_国府中.jpg
20181005岐阜新聞_劇団銅鑼WS_国府中.jpg

2018年10月5日 岐阜新聞

舞台「ハンナのかばん」巡回公演中の劇団銅鑼さんと、小学生、中学生と一緒に行った「演劇と人権学習のワークショップ」の様子を取り上げていただきました。

2018年9月25日、10月5日 平和新聞

20180925_平和新聞_ピースエッグ岡山.jpg
20181005平和新聞_ピースエッグ岡山.jpg

日本平和委員会と現地実行委員会主催の全国から若者たちが集まり平和について考えるイベント「ピースエッグin岡山」。

「歴史と向き合う」をテーマにした企画で講演させていただきました。

2017年9月17日 カトリック新聞

『忘却に抵抗するドイツ』著者、『「ホロコーストの記憶」を歩く』共著者の岡裕人さんをドイツからお迎えして「ドイツの"記憶の文化"を考える」シリーズ第三弾! 今年はルターの宗教改革500年という切り口からお話していただきました。

2017年6月28日 日本経済新聞

これまでの12年間の訪問授業「ハンナのかばん」を振り返って、日本経済新聞の文化欄に掲載していただきました。今年は劇団銅鑼の舞台「ハンナのかばん」も200ステージを迎えます。記者の方にも取材のなかで、一緒に観劇していただきました。

2017年2月5日 カトリック新聞

ホロコースト教育資料センター

2017年2月6日 中日新聞 (中濃版)

ホロコースト教育資料センター

​広島県平和記念資料館で、Kokoro代表・石岡史子による小・中学生ワークショップ「杉原千畝と日本にやってきた難民たち」が開催されました。

2017年2月7日 中日新聞 (中濃)

ホロコースト教育資料センター

2016年8月26日 毎日新聞 (愛知)

石岡史子

愛知教育大学訪問の際に、Kokoro代表・石岡史子の新著『「ホロコーストの記憶」を歩く』について取材していただきました。

 

2016年8月15日 朝日新聞

石岡史子

訪問授業「ハンナのかばん」が1000回に達した節目に取材をしていただきました。

2016年7月31日 NHK 岐阜放送局

石岡史子

今年は杉原千畝没後30年。岐阜県八百津の杉原千畝記念館でKokoroの出張ワークショップ「杉原千畝と日本にやってきた難民たち」を実施しました。

2016年7月18日 日本教育新聞

石岡史子

Kokoroの訪問授業「ハンナのかばん」が1000回をむかえました。東京純心女子高校の1年生たちと学びました。

「命」

「平和」

「未来は自分たちの手で選択できる」

「18歳選挙権」

「過去から未来を考える」

「歴史がおもしろいと思った」

 

​さまざまな思いをめぐらせてくれました。感想はこちらからご覧ください。

 

2016年7月14日 教育新聞

ホロコースト教育資料センター

2016年7月12日 毎日新聞

ホロコースト教育資料センター

2016年7月11日 キリスト新聞

ホロコースト教育資料センター

2016年5月15日 岐阜新聞

「NPO法人ホロコースト教育資料センターの石岡史子代表は、杉原氏に救われたユダヤ人の言葉を紹介し、「記憶遺産として杉原氏の記録を未来に残すことで一人の命の可能性を学ぶきっかけになるのでは」と話していた。」

2016年1月22日 The Seattle Times

2016年1月 KCTS 9

米シアトルでの舞台「ハンナのかばん」の上演にあわせて、ハンナの兄ジョージ・ブレイディさんとKokoro代表・石岡史子も招かれ、講演や学校訪問などを行いました。舞台初日、ステージで行われたパネルディスカッションの様子をご覧ください。

2015年2月13日 J-waveラジオ

番組「JAM THE WORLD」の「Breakthrough!」というコーナーにKokoro代表の石岡史子が出演しました。ホストは、ドイツ留学のご経験もある堀潤さん。学生時代には、ナチスのプロパガンダをテーマに研究をされたそうです。アウシュヴィッツ解放70年の今年、日本で学ぶ意義やKokoroの活動、子どもたちの反応について対談しました。

2015年2月12日  NHKラジオ

NHKの「私も一言!夕方ニュース」にKokoro代表の石岡史子が出演し、解説委員の出川展恒さんと対談をしました。1/27のシンポジウムやKokoroの学校訪問授業について話しました。

2015年2月8日  茨城新聞

ホロコーストから学ぶ

シンポや映画公開

「民族憎悪、人ごとではない」

2015年2月8日  北海道新聞

アウシュビッツの教訓

 

 

記事より

「シンポジウムで、ホロコースト教育資料センターの石岡史子代表は言った。「ホロコーストの根っこには普通の人々の差別や偏見という、人間の負の部分が詰まっている。記憶は未来をつくります。戦後70年の日本にもアウシュヴィッツは語りかけている」

 

2015年2月8日  カトリック新聞

「普通の市民が加担」

ホロコーストを問うシンポ

 

2015年2月7日  十勝毎日新聞

ホロコーストの記憶継承

解放70年でシンポ、映画公開

 

記事より

「浮かび上がったキーワードは想像力だ。(中略)アウシュビッツで死んだ13際の少女ハンナ・ブレイディさんの物語を、遺品のかばん(レプリカ)を携えて伝える「出張授業」に取り組む石岡代表も「彼女のかばんには悲しみも夢も、もっと生きたかったという思いも詰まっている。その命を創造してみてください」と呼び掛けた。」

2015年2月3日  NHK 首都圏ネットワーク

アウシュビッツ解放70年

「ホロコースト」からいま学ぶ教訓

 

こちらから放送テキストをお読みいただけます

 

 

2015年2月2日  中国新聞

差別や偏見 歴史から知る

他者との線引き 弱さ背景

 

Kokoro代表の石岡史子が取材を受けました

2015年1月28日  東京新聞

ホロコースト「自分の問題として」

「国際デー」に渋谷でシンポ

 

2015年1月27日  朝日小学生新聞

差別・暴力のない社会を

150万人以上の子どもが犠牲

 

Kokoro代表・石岡史子のコメントが掲載されました

 

2014年11月7日  朝日小学生新聞

ポーランドのアウシュヴィッツ博物館から「ハンナのかばん」を正式に寄贈していただきました。契約書をもって来てくださった同博物館の学芸員シェラツカさんをお迎えしたのが、10月23日、奇しくもハンナの命日でした。

 

2014年5月27日  文化放送ラジオ

パックンことパトリック・ハーランさんとお母さんのナンシーさんがKokoro事務所を訪ねてくださいました。ナンシーさんはアメリカで長く学校の先生をしていらして、子どもたちと『ハンナのかばん』を読んでくださっていたとのこと! パックンもこの後、本を読んでくださり、文化放送の番組「吉田照美 飛べ!サルバドール」で「めっちゃ感動した!」と紹介してくれました。

2014年5月  図書館教育ニュース

図書館教育ニュースの5月号で、ホロコーストの特集記事で取材を受けました。全国で3校に1校が購読しているとお聞きしました。本に手を伸ばしてみよう、というきっかけになれば嬉しいです。

2014年2月2日  中国中央テレビ(CCTV)

プロデューサーの顧さんが、半年かけてKokoroの活動を追ってくださいました。16分の番組「Meet the People」の中で、啓明学園での授業風景などを取材していただきました。

2013年10月22日  多摩ケーブルテレビ

東京都福生市ではじめて「ハンナのかばん」の講演会を実施しました (主催 : 福生市輝き市民サポートセンター)。その様子が放送されました。

 

 

 

2009-04-29 The Star, New film adds hope to Hana's Suitcase

2009-02-22 毎日新聞 / ホロコーストの悲劇描く 劇団銅鑼 観客も”出演者

2009-01-21 読売新聞 / 「ハンナのかばん」舞台に

2008-12-08 河北新報 / 仙台 命の尊さ考えて
2008-10-23 新潟日報 / 燕・島上小 大切な命アピール
2008-10-08 毎日小学生新聞 / 「ハンナのかばん」通し授業

2007-01-26 岩手日報 / 生命、児童書に学ぶ
2007-01-20 「ユダヤ少女」題材に 鹿沼北小 命の尊さ学ぶ

2006-12-12 タウンニュース 逗子・葉山版 / 一人の命に無限大の可能性が
2006-08-05 毎日新聞 / 訪問授業で寛容訴え 
2006-06-18 北海道新聞 / ハンナの悲劇授業へ  国内外巡回 広がる共感
2006-03-24 毎日新聞 / 「ハンナのかばん」奇跡再び

2005-12-01 伊那毎日新聞 / 宮田小児童に”生きた教材”
2005-11-31 長野日報 / 命の尊さ伝える 宮田小PTA
2005-09-15 朝日新聞 / 講演会「ハンナのかばん」を開催した五日市京子さん 
                  子どもを「地域の目と手で」育てたい
2005-09-12 岩手日報 / 命の大切さをかみしめる
2005-02-02 読売新聞 / 命運ぶカバン

2004-11-02 東京新聞 / 「ハンナのかばん」語り継ぐ命の尊さ
2004-09-09 朝日新聞 / 大虐殺の遺品前に講演 
2004-07-01 Tale of Hana’s Suitcase continues to resonate 

2003-10-31 琉球新報
2003-01-18 沖縄タイムス / 命の大切さ感じて

2002-11-25 毎日中学生新聞 / 世界のともだち トバ・ベンツヴィさん
          アウシュビッツを生き延びた体験を歌で語り継いでいる
          方が来日し、「小さなつばさ」が出会いました
2002-11-22 毎日中学生新聞 / 悲劇繰り返さぬよう
2002-11-20 沖縄タイムス / 外国の暮らしに触れる
2002-08-25 福島民友 / 少女探しの旅
2002-08-18 朝日小学生新聞 / 150万の幼い魂からのメッセージ
2002-08-14 読売新聞 / ホロコースト 無言の証人 
2002-04-29 The healing power of Hana’s Suitcase

2001-08-25 新潟日報 / 兄捜し「生前」に光

2000-06-29 教育新聞 / 国際理解教育 ホロコースト
2000-06-22 北陸中日新聞 / 小さな目、歴史の証人
2000-06-19 十勝毎日新聞 / 平和の尊さ学ぶ場に

1999-08-21 毎日小学生新聞 / ホロコースト身近に感じた
1999-08-06 京都新聞 / 平和の21世紀を
1999-05-21 日本教育新聞 / ホロコーストから学ぶ平和
1999-03-28 朝日中学生ウィークリー / アンネにささげた平和メッセージ
1999-03-21 朝日イブニングニュース / Commemorating Anne Frank
1999-02-01 未来に伝えよう「アンネの日記」

ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください