『忘却に抵抗するドイツ』著者・岡裕人さんを迎えて

​トークセッション

ドイツの"記憶の文化"​を考える

 ドイツの街を歩くと、ナチ時代の歴史を記憶する記念碑に出会います。道端や公園の片隅に、人々の日常の中に、負の記憶が溶け込んでいます。新しい記念碑が今も作られる一方で、向き合い方について議論が起きている”記憶のカタチ”もあります。

 昨年、ヒトラーの『我が闘争』が出版解禁。どんな論争が巻き起こったのか・・・?

 今年は、ルターの宗教改革500周年。反ユダヤ主義との意外な関係とは・・・?

 “記憶のカタチ”そのものが、偏見や憎しみを助長するとしたら、私たちは次の世代にいかにつないでいくことができるでしょうか。

 在独28年の歴史研究者である岡裕人さんをお迎えして、9月に連邦議会選挙を迎えるドイツの今について、お話をお聞きしながら、教育の視点から考えてみたいと思います。

 日時   2017年8月5日(土) 午後3時~5時30分(午後2時40分開場)

 会場   学習院大学 北2号館(文学部棟) 10階 大会議室

      東京都豊島区目白1-5-1
            JR山手線「目白」駅より徒歩約5分 キャンパスマップ

   登壇者  

 

 

 

 

  参加費  一般 1,000円  ※学生は無料

 申し込み お申込みはこちらからお願いします→

 主催   ドイツ記憶の文化を考える会、NPO法人ホロコースト教育資料センター

 問い合わせ先 NPO法人ホロコースト教育資料センター                             

岡 裕人  おか ひろと

一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。89年渡独し、コンスタンツ大学大学院歴史学科で博士号取得。ベルリンの壁崩壊を見聞し、以後変革するドイツで歴史研究と教育に携わってきた。現在フランクフルト日本人国際学校事務局長、在フランクフルト。著書に『忘却に抵抗するドイツ - 歴史教育から「記憶の文化」へ』(大月書店)、『シュテューリンゲン方伯領の農民戦争とその前史』(博士論文)、共著に『世界の歴史教育』(ゲオルク・エッカート研究所編)(以上2冊独語)等。

伊藤 白 いとう ましろ

学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科准教授。著書に『トーマス・マンの女性像 自己像と他者イメージのあいだで』(彩流社)

石岡 史子 いしおか ふみこ

NPO法人ホロコースト教育資料センター代表。

Introductory film

「ホロコーストの記憶」を歩く in ベルリン

関連図書のご案内

「忘却に抵抗するドイツ」

歴史教育から『記憶の文化』へ

岡裕人著、大月書店刊

​2012年

「ホロコーストの記憶」を歩く

過去をみつめ未来へ向かう旅ガイド

石岡史子・岡裕人著、子どもの未来社

2016年6月

ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください