Larry Weinstein's award-winning documentary film

Inside Hana's Suitcase

ドキュメンタリー映画上映会

ハンナのかばん

2019年317日(日)

午後1時30分~4時

開催要項

作 品 名   ハンナのかばん (英語、日本語字幕つき)

日   時   2019年3月17日(日) 

        午後1時30分~4時 (開場午後1時)

会   場   新宿歴史博物館  (東京都新宿区四谷三栄町12-16)

          アクセス

          JR・東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」下車 出口2より徒歩10分
             東京メトロ丸ノ内線「四谷 三丁目 駅」下車 出口4より徒歩8分
             都営地下鉄新宿線「曙橋駅」下車 A-4出口より徒歩8分

プログラム   映画上映(90分)と解説

対   象   先着120名

参 加 費   無料

申 込 方 法       申込は不要です。直接会場にお越しください。

 

映画「ハンナのかばん」

Inside Hana's Suitcase

ハンナのかばん

Inside Hana's Suitcase

 

2000年春、アウシュヴィッツから東京のホロコースト教育資料センター(Kokoro)に届いた大きな旅行かばん。ハンナ・ブレイディという名前が書いてあった。「ハンナって、だれ?」日本の子どもたちの疑問がきっかけとなり、Kokoroで調査がはじまった。すると、ハンナには家族でただ一人奇跡的に生きのびていた兄がいたことが分かり・・・。半世紀の年月と国境を越えて生まれた出会いの物語。世界的なベストセラーとなり、「ハンナのかばん」は現在、日本全国の1,000以上の学校を訪問している。

 

 

監督 ラリー・ワインスタイン(カナダ)

脚本 トーマス・ウォルナー(カナダ)

撮影 ホルスト・ザイドラー(ドイツ)
作品 英語、日本語字幕つき、90分

出演 ジョージ・ブレイディ、ララ・ハンナ・ブレイディ、石岡史子

協力 横須賀市立光洋小学校

   中野区立野方小学校(現・平和の森小学校​

   NPO法人ホロコースト教育資料センター

   小さなつばさ卒業生

制作 Rhombus Media (カナダ)、In Films (チェコ)、2009年

 
 

テーマは、希望、寛容な心、そして子どもたち

監督 ラリー・ワインスタイン

「この映画を作ることに魅力を感じた瞬間は、実際にジョージと史子に会った時です。長い時間をかけて話し、その人間性、性格、信条を知るにつれ、この映画が素晴らしいものになるだろうと確信しました。史子は、違いやそれに伴っておこる差別は、いじめなど私たち自身の中にも見出すことができると言います。これからを生きる子どもたちには、この作品を見て様々な違いを乗り越えて歩み寄ることの大切さを学んでほしい。」

エリ・ヴィーゼル (ホロコースト生還者、ノーベル平和賞作家)

「暗闇と死に包まれた時代を経て、物もまた数々の記憶を持ち、私たちに語りかけてくれます。一人の少女のこのかばんも、アウシュビッツから東京までの長い感動的な旅を私たちに伝えてくれます。ラリー・ワインスタインの片時も目をはなせない、心ゆさぶられる映画に注目してみてください。

(映画の中に登場する)すばらしい日本の子どもたちと同じように、みなさんも人間にとってきわめて重要な学びに気付かされることでしょう。人の痛みを知り、それを思いやる心を持つこと。そして何よりも、記憶し想起することの大切さについて。」

 

 

ルーマニア出身。ドイツのブッヘンヴァルト収容所で生き延びる。戦後はパリで学び、ジャーナリストとなる。1958年、自らのホロコーストの体験を『夜』に記し、その後も数々の著作を手がけ、反暴力・差別を訴える。1986年、ノーベル平和賞を受賞

 

アウシュヴィッツに旅してみませんか

NPO法人ホロコースト教育資料センター(Kokoro)では、アウシュヴィッツなどの史跡を訪ねるスタディツアーを企画・実施しています。

TOP.png
ホームページに
​もどる