6/27

(土)

映像とトーク

世界遺産

リンゲルブルム・アーカイブ

迫害の実態をリアルタイムで記録した、ホロコースト史上、最も重要な文書がポーランドのワルシャワに展示されています。

​戦後、瓦礫と化したワルシャワ・ゲットー跡の地中から奇跡的に発掘された「リンゲルブルム・アーカイブ」です。

 

ワルシャワ・ゲットーは、ナチ占領下のヨーロッパでつくられた最大規模のユダヤ人強制居住区でした。上下水道の設備も充分ではなく、過密状態から伝染病や飢え、暴力、絶滅収容所への移送によって、人々は死に追いやられていました。

そのようななか、ユダヤ人歴史家リンゲルブルムたち数十名の秘密のチームがゲットーでの日々の様子を書き記していました。決して見つかってはならない命がけの記録作業でした。いよいよ死を覚悟したとき、それらの記録はゲットー内の地中深くに、遺書とともに埋められました。

  ​「世界に向かって叫びたいこと、私たちはここに埋める」

戦後75年の今年、8月に企画しているポーランドへのスタディツアーでこの「リンゲルブルム・アーカイブ」を見学します。その事前学習として、映像と解説によるセミナーを開催します。ツアーへの参加有無に関わらず、興味のある方はどなたでもご参加いただけます。下記よりぜひお申込みください。

 

開催概要

2020年6月27日(土) 午後2時30分~4時30分

富士国際旅行社

東京都新宿区新宿2丁目11-7宮庭ビル4F

丸の内線、都営新宿線「新宿三丁目駅」

C5出口から徒歩1分、 JR新宿駅から徒歩約7分

NPO法人ホロコースト教育資料センター代表 石岡史子

20名 (申し込み順)

1,000円 ※当日、会場でお支払いください

 
 

その他のイベントのご案内

そのほかのイベントのご案内もぜひご覧ください。

​申込受付中です。

ドキュメンタリー上映とワークショップ

​ホロコーストはなぜ起きたのか

7/4

(土)

講演

ドイツ国際平和村を訪ねてみませんか

紛争下の子ども救援活動に取り組むNGO

 

次回は、2020年8月に実施します。

学校の先生方も参加しやすいように

夏休み期間中に設定しています。

 

教材研究や平和学習に興味のある方に

おすすめです。

ご案内パンフレットをご希望の方は、

こちらからお申込みください。

スタディツアーのご案内

ご案内パンフレットをご希望の方はお気軽にお申込みください
20200818ツアー.png
20201021ドイツツアー.png
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください