floor plan.png

アンネの親友ハンネリ

ハンネリことハナ・ピック・ホスラールがベルゲン・ベルゼン収容所で

アンネと再会したときのことを語っています

(2分2秒)

(オランダのアンネ・フランク財団の公式You tubeチャンネルより)

(ベルゲン・ベルゼン収容所を歩くハナ・ピックさん)

 

「あなたの友達がここにいるわよ、と言われたんです。そこで、鉄条網のそばまで行ってみました。監視塔の見張りに見つかれば撃ち殺されるかもしれないですし、とても危険なことでした。

 

有刺鉄線には、藁(わら)がかけてあって、向こう側は見えませんでした。暗闇のなかで『ハロー、ハロー』と声をかけてみました。

 

私の声にまず気づいてくれたのが、ファン・ダーン夫人でした。『アンネに会いにきたのね。マルゴーは起き上がれないけれど、アンネはすぐによんでくるから』と言ってくれました。

 

しばらく待っていたら、私をよぶ声が聴こえました。アンネでした。

 

とても辛くて、私たちは二人で泣きました。

 

『私はもうひとりぼっちなの』とアンネは言いました。今でも、この時のことがとてもかわいそうに思うんです。お母さんは殺された、と言いましたが、実際は、体が弱りはてて亡くなったのです。(お姉さんの)マルゴーもとても具合が悪かった。でも、お父さんがまだ生きていることをもしアンネが知っていたら、、、マルゴーも亡くなったあと、アンネは絶望してしまったのですね。」

台本.png
日本語仮訳

まちよの旅
イスラエルへ

展示Room 10 にもどる

アンネのバラ100.png