写真で見るアウシュヴィッツ

「到着」と「選別」

アウシュヴィッツは、ナチ・ドイツ占領下のポーランドに送られた最大規模の強制・絶滅収容所でした。ここに送られた、もっとも多くのユダヤ人たちの出身国はどこか、ご存知ですか。
 
それは ハンガリー でした。
1944年3月のナチ・ドイツのハンガリー占領以降、ハンガリー領内(首都ブダペストを除く)のユダヤ人は各地につくられたゲットーに集められ、5月から7月までの2ヶ月足らずで、約44万人のユダヤ人が145以上の列車で移送されました。その行き先のほとんどがアウシュヴィッツでした。移送された人々の多くは、到着した直後にガス室へ送られ殺されました。
アウシュヴィッツのアーカイブに残されている、「到着」と「選別」の様子が記録された写真の多くは、ハンガリーからのユダヤ人を写したものです。
現在のアウシュヴィッツと当時の写真を重ね合わせながら、その状況や人々の心情をイメージしてみてください。
もし、ヤーノシュさんがブダペストの郊外、または他の町に住んでいたら、この写真に写る人々と同じ運命をたどっていたかもしれません…。