kokoro20.png

日本に暮らすホロコースト生還者

ヤーノシュの物語

Conversation with Janos Cegledy, 

the only Holocaust survivor living in Japan

 

はじめに

Introduction

ヤーノシュ・ツェグレディさんは、ハンガリーの首都ブダペストに生まれ、7歳でホロコーストから生き延びました。ピアニストとして1967年に初めて来日して以来、長く東京に暮らしています。

Kokoroは、数年前からヤーノシュさんとの交流を続けてきました。初めは「過去のことを思い出すと辛くなるから…」と口を閉ざしていたヤーノシュさんですが、「若者たちとの対話のなかでなら話してみたい」と少しずつ語り始めてくれました。そして一昨年から昨年にかけて、東京、神奈川の中学生、高校生たちとの対話が実現しました。

​当時幼かったヤーノシュさんの記憶を鮮明にしてくれたのは、ニュージーランド在住の2歳年上のお兄さん、スティーブンさんでした。スティーブンさんはニュージーランドのホロコーストセンターの開館に携わっており、自身の体験を学生たちに語っていました。いただいた講演記録をもとに、Kokoroは、スライド写真で見る「ヤーノシュとスティーブンの物語」を製作、高校生に朗読をしてもらう形で、昨年の「ホロコースト国際デー」で発表しました。

この度、今年の国際デーに合わせて、この朗読と写真スライド、ヤーノシュさんと高校生の対話を、一つのビデオにまとめたものを公開します。

 

日本に暮らすホロコースト生還者ヤーノシュさんが体験したこと、今の世界について思うこと、ぜひご覧になってみてください。

​NPO法人ホロコースト教育資料センター(Kokoro)

ヤーノシュとスティーブンの物語

Story of Janos and Steven

ヤーノシュさんと​中学生、高校生の2年間の対話をもとに製作しました。

 

資料集

reference

 

ヤーノシュさんへメッセージ

send a message to Janos

ビデオを見て考えたこと、ヤーノシュさんに伝えたいことなどを

ぜひ送ってください。

​名前はニックネームでも構いません。

個人が特定されないように、ホームページで紹介させていただくことがあります。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
 
button_kokoro03s.png

Kokoroのホームページにもどる

大学生のみなさん、アウシュヴィッツに旅してみませんか

20190225ヨロピ.png