『アンネの日記』を読んでみよう

隠れ家で食べ物はどうしていたんだろう?

『アンネの日記』から、この日付を探して

読んでみよう

1943年

3月12日

隠れ家では、アンネはどんなものを食べていたのでしょう。

この日の日記には、「○○の顔を見るのもいや」

「○○と聞いただけでげんなり」と書いています。

1943年

3月12日

1944年

3月14日

この日、アンネは「食糧事情は最低」と日記に書いています。隠れ家の生活が単調で「みんな怒りっぽくなっている」とアンネは大人たちをよく観察しています。

1944年

4月3日

「明けてもチコリー、暮れてもチコリー、砂まじりのチコリー、砂のないチコリー、チコリー入りのシチュー、茹でたチコリー、・・・」