大学生のみなさん、一緒に旅をしよう

アウシュヴィッツを訪ねてみませんか

大学生協では毎年、「テーマのある旅」という世界各地への
とても魅力ある旅行を企画しています。
そのひとつが、ポーランドの世界遺産・アウシュヴィッツ
収容所訪問を含む「ヨーロッパピーススタディツアー」。

毎年、参加学生を募集しています。
NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoro代表の
石岡史子が同行します。


訪問都市  
ワルシャワ、クラクフ、アウシュヴィッツ、プラハ、

ミュンヘンまたはベルリン
 

毎年150万人を超える人たちが世界遺産「アウシュヴィッツ」を訪れています。さまざまな国や民族の人々が、ここで「人間」がつくり出した悲劇に思いをはせます。科学技術、医学、芸術、法律、信仰……すべてが間違った方向にねじまげられた悲劇的結果が、ここほど雄弁に平和の切実さを語りかけてくる場所はありません。この場所に立ってみると、きっと皆さんの価値観がゆさぶられることでしょう。政治も経済も、私たち一人ひとりの暮らしも、ますます地球規模で密接に関わり合っていきます。私たちはどのように、この共生の時代を歩んでいけばいいのでしょう。今なお続く差別や暴力、紛争に、どう向き合っていけばよいのでしょう。“人間を知る”、“世界を知る”旅に一緒に出かけましょう!

参加者の声より

“考えることを放棄して

 周りの考えに従い続けた結果が  

 ホロコーストや多くの

 犠牲を生んだと学んだ” 

 

—  Yui 早稲田大学文化構想学部2年

  

​  すべて読む

申込方法や詳しい行程、料金は

各大学生協トラベルカウンターでお問い合わせください。

​パンフレットも探してみてくださいね。

こちらもぜひご覧ください

出発前におすすめの本

「ホロコーストの記憶」を歩く

過去をみつめ未来へ向かう旅ガイド

石岡史子、岡裕人著

(子どもの未来社刊)

ベルリン、アムステルダムの街に点在する

​ホロコーストの記念碑を紹介。うっかり通り過ぎてしまいそうな、日常に溶け込んだ「記憶のカタチ」をぜひ旅の中で見つけてみてください。

ハンナのかばん

アウシュヴィッツからのメッセージ

カレン・レビン著、石岡史子訳

(ポプラ社刊)

​半世紀の年月と国境を越えて生まれた奇跡の出会いの物語。アウシュヴィッツ、プラハ、日本が舞台の実話です。

ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください