記憶を歩く。in ブダペスト(後編)

こんにちは、Kokoro事務局のみきです。 更新が遅くなりすみません。 前回に引き続き、もう少しハンガリーのお話についてお付き合いくださいませ。 ブダペストにあるもう一つの気になる記念碑は、街の中心部、 たくさんの観光客が行き交う場所にありました。 それがこちら。 一瞬、ん?何これ?、と思いますよね。そこら辺にありそうな…(といったら怒られるかな) 真ん中に天使、その上に鷲が飛びかかっている様子を表しています。 この記念碑は、2014年7月20日、ハンガリー政府によって突如として建てられました。 近年、右傾化が進んでいるといわれるヨーロッパですが、 特にハンガリーを含む東ヨーロッパ諸国ではその傾向が強く出ています。 2010年に再任したオルバン首相は、移民をハンガリーの「毒」だと言い、 「民族が混ざりすぎると問題が起こる。」といった過激な発言を繰り返しています。 ハフポスト日本版2017.3.9 http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/08/hungary_n_15252372.html そんな首相のもと、建てられたこの記念碑。 「1944年3月9日のハンガリーにおけるドイツの占領」と刻まれています。 コンセプトは、罪のない天使(=ハンガリー)に襲いかかる鷲(=ナチ・ドイツ)となっています。 ……ん?ちょっとまって… なにかおかしくありませんか? そうそう、前回ご紹介した靴の記念碑のこと、思い出してみましょう。 あの靴は、当時ハンガリー人によるファシスト政党「矢十字党」が、 ドナウ川沿いでユダヤ人を射殺したことが記憶されるものでしたね。 ドイ

哲学対話

この冬も大学生と一緒に、ポーランド、チェコ、ドイツの5都市を訪ねてきました。 いつも個性的な学生たちとの旅は楽しく、発見が多いです。今回は特によく語り合う学生たちでした。自己紹介にはじまり、日頃の学生生活のこと、アウシュヴィッツやベルリンで見たことなど、朝ごはんを食べながら、移動の列車の中で、話がつきないようでした。 農学、文学、発達科学、理工学、文化構想学、医学、法学、ソーシャルワーク、教育など様々な専攻の学生たち10名です。愛媛、岐阜、三重、東京、福岡、宮城、兵庫、神奈川、新潟など出身も現在の居場所も日本全国ばらばら! 「日常ではホロコーストについて思うことを話せるような機会があまりない」という学生たちでしたが、アウシュヴィッツではガイドの中谷剛さんにこんな言葉をかけられました。 「(休みにお金をかけて)このツアーに参加した君たちは、日本では少数派かもしれない。でも多数派に疑問をもったときに、立ち止まれる勇気に期待してこの場所を案内するよ。世界規模で見れば、ここには200万人を超える人たちが見学に来ているんだから、自信をもって。」 そして、アウシュヴィッツを訪ねた日の晩も、夕食の席で一人ずつ思いを言葉にして伝えてくれました。 ワルシャワ、クラクフ、アウシュヴィッツ、プラハ、ベルリンで10日間を一緒に過ごして、すっかり仲良くなった10人は、名残惜しそうに帰国の途につきました。 帰ってきてからも、LINEでの会話が続いています。 小平市の市民平和集会で旅の感想を発表した学生がいました。Kokoroのイベントに参加してくれた学生たちもいました。その際に、聞いてみました。「どうして

高校生「図説政経」にハンナのかばん登場

高校生向け『最新図説 政経』の表紙に「ハンナのかばん」が掲載されました。 人が生まれながらにして持つ基本的人権。その基本的人権を守るために、私たちはいかに民主主義を機能させればよいのか。「政治・経済」で学ぶ様々な単元で、「ハンナのかばん」を入口にして想像をたくましく膨らませながら学んでほしいです。 ちなみに、政経の資料集の中には、ナチ時代の歴史への言及が数か所ありましたが、一ヶ所は「法治主義から生まれたナチス・ドイツ」・・・"なお戦後のドイツは、憲法で「たたかう民主主義」を掲げ、人権を保障した憲法を厳守する国家となった"。もう一ヶ所は、ファシズムの拡大に役割を果たした「マスメディア」。 高等学校社会 2018年度版 最新図説 政経 B5判、416 ページ 浜島書店 http://www.hamajima.co.jp/books/sh/detail/121500

記憶を歩く。in ブダペスト(前編)

こんにちは、Kokoro事務局のみきです。ブログでは初めましてですね。 昨年からKokoroでお仕事をさせていただいています。 特に自分の興味のあるテーマは、「記憶」についてです。 この記事でも、それについて書いてみたいと思います。 さて先日、初めてハンガリーの首都ブダペストを訪れました。 ハンガリーと聞くと、まずどんなことを思い浮かべるでしょうか? ブラームスのハンガリー舞曲?ドナウ川?オーストリア=ハンガリー帝国?豚ペスト? 実は私もこの国について知っていることはその程度でした。 しかし、ある方との出会いをきっかけに、ハンガリーについて学ぶことになりました。 Kokoroでここ数年お付き合いのある、日本在住の唯一のホロコースト生存者であり、 先日のイベント「ホロコースト国際デー2018 in 東京」にもお招きした、 ヤーノシュ・ツェグレディさんです。 ヤーノシュさんがブダペストご出身ということで、 ハンガリーのナチ時代の歴史、ホロコーストとの関係について調査したんです。 そのうちしだいに実際に現地を見てみたいという気持ちが湧き出て、 この度、本当に行ってきました! まず、私のお気に入りの一枚から。 「ドナウの真珠」とも称されるほど美しい都、ブダペスト。 中心にドナウ川が流れ、それを挟むブダとペストという二つの街から成り立っています。 街の多くの部分が世界文化遺産に登録されていて、世界中の多くの観光客が訪れます。 しかしここも、第二次世界大戦中には激しい空襲によって廃墟となった都市の一つです。 そのため、自分たちは戦争の犠牲者だという意識を持つハンガリーの人々は少なくありませ

最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください