記憶を歩く。in ウッヂ

こんにちは。Kokoroベルリン支局(笑)のみきです。 先日、ポーランドの中心部に位置するウッヂ(Łódź)という街を訪れました。ワルシャワ、クラクフに次ぐ、ポーランド第三の都市です。古くから工業都市ですが、最近は街のいたるところに壁画があり、アートな街としても有名です。 そんなウッヂですが、ホロコーストの歴史から見るととても重要な場所なんです。 ポーランドにはもともとユダヤ系住民がヨーロッパの中でも突出して多く、ウッヂにも第二次世界大戦前には、およそ66万5000人(全人口の34%)のユダヤ系住民が暮らしていました。そしてこの街がナチスに占領されると、ワルシャワに次いでゲットー(ユダヤ人強制隔離地区)が1941年に作られ、1944年の閉鎖まで国内外各地から大勢のユダヤ人が送り込まれ、詰め込まれました。各地に作られたゲットーの中でも最も長く存在したのが、このウッヂ・ゲットーでした。一時は4km四方の中に約16万4000人の人々が押し込められ、不衛生な環境で、飢えに苦しみ、多くの人が犠牲になりました。また、ここが各地の絶滅収容所への出発点にもなりました。ゲットー跡地の近くには、その出発点となった駅があります。 ラーデガスト駅。ここから、ウッヂ・ゲットーに集められたユダヤ人が各地の絶滅収容所へ移送され、殺されたこと。それを忘れないために、駅舎と貨物列車が再現されています。 (※現在改装工事中のため、残念ながら中に入ることはできず…) この駅舎から、長いトンネルのような通路がつながり、その壁面には「1939 1940 1941 ...1945」と年号が刻まれています。その先にあるのは

上映会「イレナ・センドレローヴァ物語」

こんにちは、はじめまして。この度、Kokoroでインターンとして活動させて頂くことになりました、大学3年生のAtsumiです。大学ではドイツ語を専攻していて今夏まで約1年間ドイツに留学していました。もともとドイツのホロコースト史には興味があったのですが、留学中にアウシュヴィッツを訪れ、そこで、もっと学びたい、そしてより多くの人に伝えて、より多くの人に考えてもらいたいという思いが強くなったため、Kokoroで活動することを決めました。 さて、9月29日(土)に「イレナ・センドレローヴァ物語」の映画上映会とワークショップがあり、雨の中、20名ほどが集まりました。イレナさんは、ナチ・ドイツ占領下ポーランドのワルシャワゲットーから約2500人のユダヤ人の子どもを救出したと言われており、本作品は、歴史映像とイレナさんの証言を交えたドキュメンタリーでした。 中には目を背けたくなるような場面もありました。子どもが道端で弱っていたり、死んでいるのに、誰もそれには目もくれず、それが日常と化している光景が衝撃的でした。イレナさんは、敬虔なカトリック教徒のポーランド人だったにも関わらず、仲間とともにゲットーに忍び込み、特に貧しいユダヤ人の子どもを悪状況のゲットーから脱出させ、そして保護してもらうまでの手助けをします。もしそれが見つかってしまったら自身の命の危険を伴うものだったにも関わらず、この活動を続けました。さらに、戦争が終わったら子供達が親と再会できるようにとリストを作成します。ついには監獄に送られ、ひどい拷問を受けながらも、将来の子どもたちのために秘密は一切漏らさなかったそうです。 そうして救

最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください