読書会『忘却に抵抗するドイツ』

2013年からほぼ毎年、ドイツの「記憶の文化」をテーマに学習会を実施しています。今年も、『忘却に抵抗するドイツ』著者・岡裕人さんがドイツのフランクフルトから参加してくださいました。 今回は、有志の大学生4名との読書会というスタイルで。戦後75年が過ぎ、歴史がますます遠ざかるなかで、どんな風に記憶を繋いでいくことができるか。学生たちに自分のこれまでの歴史との出会いについて振り返りながら語ってもらいました。 75名の参加者のうち、過半数が10~20代でした。多くの方々から寄せられた感想を下記にご紹介します。 ●学生さんたちが話す言葉一つ一つが自らの体験と結びついていて面白かったです。 ●濃密な2時間でした。大学生の真摯な態度、高い問題意識に打たれ、一気に熱を帯びた企画になったと思います。オンラインだと70名という大勢の参加が可能になるので、戦後75年という節目の年への関心の高さも感じました。 ●色んな方の意見を聞けて面白かったですし、パネリストの方々がハキハキ自分の意見を言っておられてすごいなと思ったし同じ大学生とは思えませんでした(^_^;) オンラインのイベントに参加したのは初めてでしたが、予想を超え面白かったのでまた参加してみようと思います。 ●とても有意義な2時間でした。さっそく岡さんの本と、途中学生さんがお勧めしていた『「ホロコーストの記憶」を歩く』、そして『若者から若者への手紙』を購入してしまいました!私は教職課程を履修しているので、教育学部の学生の話やそれに対する岡さん、石岡さんのフィードバックはとてもためになりました。というかそもそも、学生の皆さん学がありすぎて素晴

最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください