ベルリンの壁崩壊30周年

こんにちは、ベルリンからみきです! 今日から12月!ドイツもすっかり冷え込んできましたが、それでもクリスマスのイルミネーションが綺麗で街を歩きたくなる今日この頃です。 さてさて少し時間が経ってしまいましたが、11月9日のことについて書きたいと思います。今年のこの日はドイツの人々にとって特別な日でした。 ーー「30年前の今日、あなたはどこで何をしていましたか?」 テレビで、ラジオで、街中で、この質問が飛び交いました。 1989年11月9日の夜、東西ドイツ分断の象徴であったベルリンの壁が崩壊しました。日本でもよく知られているこの歴史的出来事、私も中学生のときに歴史の教科書の最後の方のページをぱらぱらめくったときにブランデンブルク門の上に立って喜ぶ人々の写真を見て、意味はよくわからなかったけれど強く印象に残っていたのを覚えています。この壁崩壊30周年と、そのきっかけとなった11月4日の東ベルリン市民の大規模な革命運動の日に合わせて、ベルリンでは市主催のイベントが11月4〜10日の一週間にかけて行われました。今回はその様子をお伝えします。 さて、まず最初に目に飛び込んできたのは、ブランデンブルク門前に突如として現れた巨大なアート作品。あるアメリカ人芸術家のプロジェクトにより今年の夏から秋にかけてワークショップやイベント、学校や教会、街中で集められた、願いが書かれた短冊。その総計3万個の短冊が屋根のようにずら〜りとぶら下げられトンネルのようになってました。夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気に。 イベントは7日間、市内7つの場所で行われました。分断の象徴であったブランデンブルク門や

最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください