【おすすめ映画】12/22公開『家へ帰ろう』

12月22日公開予定の映画『家へ帰ろう』を、先日一足お先に観させていただきました。 ホロコーストを生還し、戦後アルゼンチンに移住したアブラハムおじいさんが、 戦後一度も足を踏み入れなかったポーランドへと旅するお話。 "ホロコースト生存者の戦後"に焦点を当てた新しい視点の作品です。 今回、事前に予告もあらすじも見ずに映画を見たので、この頑固なおじいさんが一体何をしたいのか、始めはまったくわかりませんでした。 おじいさんの憎らしいほど愛らしい行動の一つひとつに思わず笑ってしまう場面もありますが、次第に、彼が人生最後の一大決心をしたのだということに気がつきます。 かたくなに「ポーランド」という言葉を口にせず、ドイツの地を踏まない方法を考える、とにかく頑固なおじいさん。 それでもヨーロッパの旅は、過去の辛い記憶を呼び起こしおじいさんを苦しめます。 ホロコーストを生き延びた人々が戦後何十年も過去について語らない、語れない、という例が多いということを知ってはいましたが、 それがなぜなのかということが、このおじいさんの一つひとつの動作、出会う人々との会話の中から、感覚的に伝わってきました。 この映画のキーポイントは、あの時代を生き抜いた人と戦後に生まれた世代との関わりだと思います。 おじいさんの腕に刻まれた囚人番号の入れ墨をみて、出会う人々は、この人はきっととても大事な理由があってポーランドに行くのだ、ということを悟ります。 特に、途中で出会ったドイツ人女性との出会いは、あれだけかたくなにドイツそのものを拒絶していたおじいさんの心に少しずつ変化を引き起こしていきます。 ナチスとホロコーストの

WW1終結100周年・独仏シンポジウム

こんにちは! ただいま日本に一時帰国中のみきです。 今から100年前の今日、第一次世界大戦が集結しました。 今日フランスは祝日で、記念式典が開かれ各国首脳が訪れています。(ちなみにドイツは祝日ではないです。) これに関連して先日、上智大学にて、第一次世界大戦終結100年を記念した独仏シンポジウムが行われ、歴史研究者、ドイツとフランスの高校生、両国大使が集まり意見を交わしました。その様子をお伝えしたいと思います。 長年の対立と二度の大きな戦争を経験したドイツとフランスが、どのようにして1945年以降、友好関係を築くことができたのか、ということをテーマに、第一次世界大戦の背景と原因、当時の日本とドイツの関係、戦後の独仏友好関係のあゆみなど、まず、ドイツ、日本、フランスの研究者の方々が講演されました。講演の中でも印象に残っているのは、第一次世界大戦前の時代に、ヨーロッパの中で「黄色人種脅威論」というものが存在していた、というお話でした。100年前、日本や中国が国力を着々とつけていた時代に、当時のヨーロッパでは、得体の知れないアジアの民族、宗教への偏見と脅威論が広がっていたのだそうです。現在のイスラム教徒に対するそれに似ているなと感じました。 後半では、東京国際フランス学園と東京横浜ドイツ学園の高校生たちが、「和解と独仏のパートナーシップ」と題して、プレゼンテーションを行いました。ドイツの歴史教科書と独仏共通歴史教科書の内容の比較や、両国の和解の例、フランス学園とドイツ学園の交流行事の紹介などをしてくれました。最後に発表した生徒は、「両国の友好関係を保つためには、もっと歴史を勉強するこ

最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください