進化する「記憶のカタチ」

もし第二次世界大戦の時にインスタがあったら。。。 ホロコーストで犠牲となった実在の少女がスマホを手にして、アウシュヴィッツに送られるまでの日々を投稿する。そんな設定のアカウントが作られて話題を呼んでいました。 イスラエルの親子が私財を投じて企画したプロジェクトで、今の若者を意識して、「セルフィ―(自撮り)目線」で歴史を伝える新しい試みです。 1日の再生回数は1億回を超えたそう。 モデルになったのは、ハンガリー生まれの少女エヴァ・ハイマン。13歳でアウシュヴィッツで殺されました。(エヴァの日記は『子どもたちのホロコースト』(小学館刊)で日本語にも訳されています。) エヴァの目に映ったホロコーストが、ハッシュタグや絵文字の載った映像で再現されることに抵抗を感じる声もあったそうですが、SNSの可能性も感じられました。 AIの技術を用いた記憶の保存・伝達の試みも数年前から始まっています。 映画監督のスピルバーグが設立したショア財団では5万人以上のホロコースト生還者の証言をこれまで集めてきました。 ホログラムで生還者の姿を立体的に映し出し、まるで目の前にいる生還者から証言を聞いているような空間を作り出すというもの。あらゆる想定質問を事前に生還者に問い、録音し、それを用いて「ヴァーチャル対話」までできるそうです。 一方、ドイツにある最大規模のホロコーストのアーカイブでは今月、220万人もの犠牲者と生還者に関する記録がオンラインで公開されました。 このアーカイブInternational Tracing Service(ITS)には、ナチ政権下の逮捕、移送、強制労働、死亡などに関する3,

はじめまして!

はじめまして! 5月よりKokoroでインターンをさせて頂くことになりました、はるかです。 現在大学3年生で、主に応用倫理学とドイツ語を学んでいます。応用倫理学?なんだか堅苦しい…というイメージを持たれがちな学問ですが、実際は現代の社会問題やジェンダーについて考えるような、私たちの日常生活に密接している学問です。 さて、私がホロコーストやKokoroに興味を持ったきっかけをお話します。 小学校の図書館に世界の偉人をテーマにした漫画や本はありませんでしたか?私は小学校2・3年の時に全巻読破したのですが、そのうちの一冊がアンネ・フランクの本でした。自分の生まれる半世紀前のドイツで主にユダヤ人が虐殺され、過酷な労働を強いられたという事実に、当時物凄く恐れを感じたことを今でも覚えています。 それから受験勉強や大学入学後の授業を通して、このような事態が起こった原因や当時の思想を学びたいと思うようになりました。例えば、ナチズムの思想を原理的に支えたと評されるカール・シュミットです。また、戦争時のドイツや欧州の人々における風潮や、彼らのホロコーストに対する捉え方に興味を持ち始めました。 今年の春に西ドイツのアーヘンに滞在しました! それまではホロコーストが私のドイツに関する興味の大部分を占めていたのですが、私のドイツ人に対するイメージは良い意味で裏切られました。彼らはとってもおしゃべりで、物知りで、そして親切でした。一度社会人になってから大学に入る学生、多くの博士課程の大学生、自分の目標に向かう彼らの姿勢は私にとって勉強になるものでした。 こちらの写真はケルンにあるNS dokumentat

kokoroに参加しようと思ったきっかけ

こんにちは!5月からkokoroでインターンシップをさせていただくことになりました、ゆいです。現在、大学3年生でメディアについて学んでいます。 今回はタイトル通り、私がこのインターンをはじめようと思ったきっかけについて書かせていただこうと思います。 小学校2年生の頃に担任の先生に勧められてアンネフランクの伝記の漫画版を読みました。そこに描かれていたアンネの人生が衝撃的で忘れられなくて、何度も同じ本を借りて読み直したのを覚えています。まずこの経験がきっかけとなりホロコーストについて興味を持つようになりました。 そして大学生になってから大学生協の店舗で「ヨーロッパピーススタディツアー」というポーランドにあるアウシュビッツ強制収容所などを訪れるツアーのパンフレットを見つけ、実際に自分の目でアウシュビッツを見てみたいと感じて参加することを決めました。 2月の凍えるような寒さの中訪れたアウシュビッツやホロコーストにまつわる様々な場所を巡る中でいろんなことを知って、考え、一緒に参加した仲間と話し合いました。その中で私が一番考えたことは何がホロコーストを生んだのかということです。この問いについてはいろんな意見や考えがあると思いますが、私がツアーを通して感じたのは「多くの人が考えることを放棄して、従い続けた結果がホロコーストにつながったのではないか」ということです。そして人々がそうならざるを得ない状況であったということがナチス体制の恐ろしいところであったのではないかと思います。 ☆ヨーロッパピーススタディツアーで訪れたベルリンの壁の前での一枚です みんなそれぞれ初対面だったのに、ツアーが終わる

最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください