解放75周年 オンラインで記憶を繋ぐ

お久しぶりです。ベルリンからみきです。 新型コロナウィルスの感染拡大の影響が世界中で現れていますね。ドイツでも3月以降からの外出制限措置が続き、ここ数日で段階的に緩和がされつつも、学校や大学は開かれず、いまだに通常の生活には戻れていない日々です。 さて、今年は終戦75周年の節目の年。ヨーロッパでは第二次世界大戦の終戦記念日は5月8日とされています。日本は毎年8月になるとあの戦争について考える機会が増えてくるような気がしますが、ヨーロッパではそれが今、という雰囲気です。この日に合わせてドイツでも記念式典や記念プロジェクトが企画されていましたが、そのほとんどが中止、またはオンライン開催となりました。今はすべての博物館も閉まっているため、そこで予定されていたほとんどの展示やイベントも影響を受けています。(なお、ドイツでは今日から一部の博物館が開館することになっています。) ドイツで戦争の記憶が取り扱われるときは、必ずホロコーストの記憶も想起されます。戦後75周年、これはホロコーストの記憶にとっては、多くのユダヤ人、戦争捕虜、反体制派、同性愛者、障害者、シンティ・ロマなどが犠牲となったナチの強制収容所の解放から75周年という意味をもちます。国連が定めた「ホロコースト国際デー」は1月27日、現在のポーランドにあるアウシュヴィッツ強制収容所が1945年に解放された日です。しかしその日にホロコーストが終わったわけではありません。ドイツ帝国領内にあった多くの収容所では、4月から5月頭にかけて、米軍、英軍、ソ連軍によって解放されるまで、あと数ヶ月も待たなくてはなりませんでした。その間にも多くの人

最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索
ハンナのかばん
アンネ・フランク
ホロコースト

© 2014  命と人権教育のNPO ホロコースト教育資料センターKokoro

 

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒103  

TEL : 03-6450-3413  FAX : 03-6450-3404  

Email : info(at)npokokoro.com   (at)を@に変えてください